• TOP
  • 自己破産手続

自己破産とは

借金から解放されて、新しい明日をつかみましょう!

 jikohasann.gif

債務者が地方裁判所に申し立てることにより、裁判所の破産→免責決定により、財産関係は一切を手放す代わりに、債務も一切を免れる手続です。(但し、税金等、免責されない債務もあります)
 

正確には、資産と負債関係を確定する「破産」手続と、債務の一切を免れるための「免責」手続とに分かれます。「免責」をもらうためには、7年以内に破産・免責決定をもらっていない等、いろいろな条件はありますが、特別に不誠実な行為等をしていない限りは、免責決定をもらえるのが通常です。
 

自己破産のメリット

負債は一切返済しなくてもよくなります!

借金から解放されます!

取立てが止まります!

  ※但し、税金や悪意・重過失で負担した損害賠償義務等、免責の対象とされない債務も中にはあります。また、債権者を騙したり、借入金をとばくに使ったなど、免責されないための条件もあります。
 

自己破産のデメリット

×自己破産をすると、個人情報がブラック扱いとなり、5年~7年のあいだは、新たな借金をしたり、ローンを組んだりすることができにくくなり、新たにカードも作りにくくなる。

×自己破産をすると、自己破産したことが、国の機関紙である官報に掲載される。

×自己破産をすると、自己破産者の本籍地の自己破産者名簿に記載される。
  ※但し、公にはならない。

×自己破産をすると、自己破産者の本籍地の市区町村が発行する身分証明書に自己破産をしたことが記載される。
  ※但し、公にはならない。
 
×自己破産開始決定から免責決定までのあいだ(約6ヶ月間)、行政書士、株式会社や有限会社の取締役など、一定の職業に就くことができなくなる。

×自己破産をすると、連帯保証人に迷惑がかかることがある。
 

自己破産によくある勘違い

“自己破産すると、戸籍に記載される”

“自己破産すると、免許証に記載される”

“自己破産すると、 選挙権がなくなる”

“自己破産すると、家族がかわりに借金を背負う”

“自己破産すると、一生借金ができなくなる”

“自己破産すると、 海外旅行に行けなくなる”

“自己破産すると、会社にばれる”

“自己破産すると、会社を辞めさせられる”

“自己破産すると、 サラ金業者から嫌がらせを受ける”

といったことがあります。
 

これらは全くのウソであったり、 一部条件が限定されていたりするものが大半です。
 

もし気になることがあれば、弁護士へお気軽にお尋ねください。



借金問題について詳しく!

◆任意整理
借金を減らし、無利息で返済する手続きです。最近では、弁護士が介入しての任意整理であれば、過払金を任意または強制により、債権者から返還させることができる場合もあります。
詳しくはこちら!

◆過払い請求

過払いは返還請求は正当な権利であり、返還を受けて当然のものです。躊躇せず過払い返還請求をし、過払い金を返してもらいましょう!
詳しくはこちら!

◆特定調停

多重債務に陥り返済が困難な債務者が、いわば簡易裁判所または調停委員の力を借りて、任意整理をまとめていく手続です。強制執行停止の申立てが容易になるため、財産に対する強制執行が迫っているような場合に有効な手段です。
詳しくはこちら!

◆自己破綻
債務者が地方裁判所に申し立てることにより、裁判所の破産→免責決定により、財産関係は一切を手放す代わりに、債務も一切を免れる手続です。
詳しくはこちら!

◆個人再生

債務者が地方裁判所に申し立てることにより、裁判所の決定によって、債務の一部を支払わなくても済むようにできる手続です。住宅ローン特則を利用すれば、マイホームを手放さなくて済みます!
詳しくはこちら!

 

どんな些細なご相談でもお気軽にお問い合わせください 045-650-2281

 

弁護士法人タウン&シティ法律事務所について

◆事務所案内 ◆弁護士紹介 ◆弁護士費用
◆事務所の特徴 ◆事務所アクセス