• TOP
  • 個人再生手続

計画的に返済する個人再生(民事再生)

 
kozinn.jpg
債務者が地方裁判所に申し立てることにより、裁判所の決定によって、
債務の一部を支払わなくても済む
ようにできる手続です。
手続の内容等は、債務者に、
住宅ローンがあるかないか
で大きく分かれます。
ちなみに、住宅ローン債務は、一部でも減額させることはできません。
かつ基本的には、住宅ローン債務が遅滞に陥ってはいないことが必要です。
 


手続の内容等は、債務者に住宅ローンがあるかないかで大きく分かれます。ちなみに、住宅ローン債務は、一部でも減額させることはできません。かつ、基本的には、住宅ローン債務が遅滞に陥ってはいないことが必要です。
 

住宅ローン以外の債務については、非事業者(=給与所得者等)であれば、だいたい期間3~5年、債務の支払総額200万円~250万円前後を目安にした分割払での返済(残りの債務は免除されます)が認められることが一般的といえます。
 

個人再生(民事再生)のメリット

住宅ローン特則を利用すれば、マイホームを手放さなくて済みます。

弁護士に依頼した場合、その時点で貸金業者の取立行為が規制されます。

弁護士に依頼した場合、その時点より民事再生成立まで債務を返済する必要がなくなります。
  ※但し、裁判所によっては、 返済資金のストックなどとして一定額の積み立てを求める場合もあります。

利息制限法を超過して利息の支払をしている場合には、利息制限法による引き直し計算により、残元本の減額が行われます。

利息制限法による引き直し計算により減額された元本を、更に5分の1に減額します。
  ※但し、 元本の5分の1が100万円より少ない場合は、100万円までしか減額されません。

過払い金の返還も場合によっては可能です。
  ※但し、利息制限法を超過する利息を取っている貸金業者と、長期に渡り取引を継続していた場合、利息制限法引き直し計算によって残元本以上の返済をしている場合があります。その場合には、払い過ぎのお金(過払い金) の返還を求めることが可能です。

自己破産のような、職業制限や資格制限がない。
住宅を手元に残しつつ、住宅ローン以外の債務を、だいたい上記範囲内に圧縮できる可能性があります。
  ※ちなみに、自己破産の場合には、住宅は手放す必要があります。
 

個人再生(民事再生)のデメリット

×手続が複雑で、準備しなければならない書類も、自己破産よりも多くなります。

×そのため、弁護士費用等も、自己破産・任意整理・特定調停・個人(民事)再生の4つの手続の中で最も高くなってしまいます。

×また、ブラックリストに記載されてしまいます。



借金問題について詳しく!

◆任意整理
借金を減らし、無利息で返済する手続きです。最近では、弁護士が介入しての任意整理であれば、過払金を任意または強制により、債権者から返還させることができる場合もあります。
詳しくはこちら!

◆過払い請求

過払いは返還請求は正当な権利であり、返還を受けて当然のものです。躊躇せず過払い返還請求をし、過払い金を返してもらいましょう!
詳しくはこちら!

◆特定調停

多重債務に陥り返済が困難な債務者が、いわば簡易裁判所または調停委員の力を借りて、任意整理をまとめていく手続です。強制執行停止の申立てが容易になるため、財産に対する強制執行が迫っているような場合に有効な手段です。
詳しくはこちら!

◆自己破綻
債務者が地方裁判所に申し立てることにより、裁判所の破産→免責決定により、財産関係は一切を手放す代わりに、債務も一切を免れる手続です。
詳しくはこちら!

◆個人再生

債務者が地方裁判所に申し立てることにより、裁判所の決定によって、債務の一部を支払わなくても済むようにできる手続です。住宅ローン特則を利用すれば、マイホームを手放さなくて済みます!
詳しくはこちら!

 

どんな些細なご相談でもお気軽にお問い合わせください 045-650-2281

 

弁護士法人タウン&シティ法律事務所について

◆事務所案内 ◆弁護士紹介 ◆弁護士費用
◆事務所の特徴 ◆事務所アクセス