競売

競売とは、住宅ローンなどの返済が困難になった場合、金融機関等の債権者が担保としていた不動産について裁判所に申立てを行い、裁判所がその不動産を強制的に売却することいいます。

競売された不動産は裁判所が定めた 最低売却価格以上で、最高値で入札した人が落札するという方式を取りますが、一般的なオークションとは違い一般的な販売価格よりも上がるということは非常 に稀で、特に今のような不況下の場合、市場価格の5~7割程度まで下がってしまう場合が多々あります。

taunn4kyoubai.PNG

これは住宅を売却するもう一つの方法である任意売却に比べて大きなデメリットであるといえます。

 

競売が終わってからも残債務の支払い義務は継続しますので、売却価格が低ければ低い程、残債務は多くなります。そのような状況は防ぎたいものです。また、執行官等が訪れ強制的に退去させられる場合もありますので、注意が必要です。


競売の流れ

(1)不動産競売申立
      yajirusi.png
(2)競売開始決定
      yajirusi.png
(3)現況調査
      yajirusi.png
(4)現況調査報告書・評価書・物件明細書の作成
      yajirusi.png
(5)売却基準価格決定
      yajirusi.png
(6)入札期間決定・公告
      yajirusi.png
(7)期間入札の実施
      yajirusi.png
(8)開札・買受人(競落人)決定
      yajirusi.png
(9)売却許可決定
      yajirusi.png
(10)代金納付
      yajirusi.png
(11)配当・引渡命令
      

競売開始決定から入札期間開始まで、通常4~5ヶ月くらいなので、任意売却をしたいなら、競売開始前がベターです。
 

競売開始後の任意売却は、入札期間開始前でないと、債権者が受けいれてくれません。
競売開始後の住宅資金特別条項付個人再生申立ても、代位弁済日から6ヶ月以内という期間制限がありますから、急ぐ必要があります。6ケ月間のうちに任意売却をしてしまえば、競売は回避できます。


まずは専門家に相談し、最悪の事態を避けましょう。



借金問題について詳しく!

◆任意整理
借金を減らし、無利息で返済する手続きです。最近では、弁護士が介入しての任意整理であれば、過払金を任意または強制により、債権者から返還させることができる場合もあります。
詳しくはこちら!

◆過払い請求

過払いは返還請求は正当な権利であり、返還を受けて当然のものです。躊躇せず過払い返還請求をし、過払い金を返してもらいましょう!
詳しくはこちら!

◆特定調停

多重債務に陥り返済が困難な債務者が、いわば簡易裁判所または調停委員の力を借りて、任意整理をまとめていく手続です。強制執行停止の申立てが容易になるため、財産に対する強制執行が迫っているような場合に有効な手段です。
詳しくはこちら!

◆自己破綻
債務者が地方裁判所に申し立てることにより、裁判所の破産→免責決定により、財産関係は一切を手放す代わりに、債務も一切を免れる手続です。
詳しくはこちら!

◆個人再生

債務者が地方裁判所に申し立てることにより、裁判所の決定によって、債務の一部を支払わなくても済むようにできる手続です。住宅ローン特則を利用すれば、マイホームを手放さなくて済みます!
詳しくはこちら!

 

どんな些細なご相談でもお気軽にお問い合わせください 045-650-2281

 

弁護士法人タウン&シティ法律事務所について

◆事務所案内 ◆弁護士紹介 ◆弁護士費用
◆事務所の特徴 ◆事務所アクセス